マスクマッチングプロジェクトは

多くの方々をお繋ぎすることができました。

ご参加してくださった方々には、温かいお手紙やメッセージなどを添えてくださったり、このような状況下でも人と人が協力し合う大切さを近くで感じることができました。

そして、このプロジェクトにご参加くださった方々のご厚意が何よりも嬉しく私共も励まされました。

機械で大量生産されるマスクにはない、愛情のこもったマスクは使い続けることができます。物が溢れ無駄に消費され廃棄される今の時代に必要な事なのかもしれません。

助け合う気持ちと大切な物との交換。

市場に少しずつですがマスクも流通されるようになってきましたので、tenboとしてできる事を終了させていただきます。
​まだ世の中は安心できる状況ではありませんが、1日でも早く安堵できる日々が訪れることを心から願っております。

tenbo マスク事業部

​(髙橋舞香/Kool Lee/tenbo)

お写真 ​一部ですが掲載させていただきます